甘い考えだった自分を反省した瞬間

私は借金が払えなくなってしまって債務整理をしました。債務整理の種類は任意整理というもので減額をして少しずつ支払う形になりました。5社ほど契約をしており合計で約250万の借金だったのですが、最終的には25万円を支払ったのみになります。

任意整理をする際に最初は弁護士さんなどのプロに頼もうと思いましたが、費用がかかる為自分で裁判所に申し立てを行いに行きました。何一つ分からないのでかなり苦労はしましたが、色々と裁判所の方でも教えてくれたのでなんとか1人で手続きをすることが出来ました。

書類の準備や書類の記入全てにおいて、聞きながら調べて書くのはやはり大変な苦労でした。そして最終的には裁判所の判断で自己破産ではなくて、任意整理という形を取りなさいという趣旨の判決が下されました。裁判官より通帳に毎月2万円ずつ1年間お金を貯めるように言われました。今まで返済に宛てていたお金が2万円になるのなら、そのぐらいは出来るでしょうという言葉でした。

確かに自分でもそう感じたのでその指示通りに1年間貯めてました。1年経ったところで裁判所に行き、その趣旨を伝えるとそれを5社に均等に振り分けて返済するという形になりました。法的手続きの上行っているので消費者金融側はそれで納得するしかない様です。甘い考えで借りていた自分をすごく反省した瞬間でもありました。

Comments are closed.