10万円が1年後→30万円!の時代の恐怖

私は、20代の頃、クレジットカードで、10万円借りた事があります。その時は、すぐ返すつもりでしたが、手持ちが出来ずにいました。すると、一年位で、利子がついて30万円になっていたのです。その頃は、バブルの頃だったのか、崩壊した頃だったか。

利子は高かったのだと思います。ある時期から、電話が頻繁に掛って来る様になりました。あげく、職場にも電話を何度か、かけられました。「今月末までに、お金の全額を払って下さい。」と言われました。手持ちがない中、30万もの大金を、今月末までなんて到底無理な話です。「もう少し待ってください。それに、職場には掛けないで下さい。」と言いましたが、容赦なく「今まで、ほったらかしていたあなたが悪い!こっちも仕事なんですよ。」と言われました。

給料全額渡しても、13万・・どうすれば良いのか途方に暮れました。ドラマの様に、ガラの悪い男性が家まで来たらどうしよう。と毎日びくびくし、精神状態は、極限に来ていたと思います。一瞬は死も考えたのですが、30万で死ぬのはあほらしい・・と思いなおしました。そこで、兄に相談することにしました。兄は説教しながらも、お金を貸してくれました。あの時、死なないでよかったと、兄に心から感謝しています。

Comments are closed.