痩身エステのローン返済で

デザインの専門学校に通う為に田舎から都会に出て学生寮に入った頃の話。

繁華街でエステの勧誘にあい、田舎者の私はころっと騙されてローンで痩身エステの契約をしてしまいました。返済総額は約100万円…親からの月の仕送り3万のうち、2万をローン返済にあてる生活が始まりました。

学生時代の3年間は学生寮で食事が出るので遊びさえ控えれば生活はできたのですが、問題は社会人になってからです。

念願のデザイン事務所に就職したはいいものの、この業界は新人のうちは安月給が当たり前の世界なのです。

月10万の給料から家賃6万、ローン返済2万を引いた残り2万で生活をしなければならず、食費は自炊して出来る限り切り詰め、風呂も基本2日に一回、電気代節約のためにテレビもエアコンもつけず、交際費もないので友達と外で遊ぶことも我慢してなんとか暮らしていました。

まさに借金地獄の毎日でした。あの借金地獄から抜け出せたのは本当に奇跡だと思っています。

生活も辛かったですが、当時何より一番辛かったのはローンの理由が理由だけに恥ずかしくて完済までの約4年間、誰にも相談が出来なかった事です。

返済の事を打ち明ける相手が居ない中、好きな事もできずひたすら貧乏生活を続ける日々は当時20代前半の女としては情けなくてたまりませんでした。

若気の至りとはいえ、痛い勉強代となりました。

お金はだいじだよー

借金と言えばうちの場合は昨年旅立った亡親父。

とっても優しい子ども大好きな父がバブル時代の好景気空気にまんまと乗せられて(勝手に乗ったともいう)株に手を出す→失敗→借金というパターン。

ある意味日本中こんなことが起きてたのかしら?って思うくらいありふれた王道パターン。

この借金は結局、返済できず!

自己破産というジョーカーを切ってなんとか幕を降ろしました。

この出来事から早15年以上が経ちまして、昨年父の旅立ちを親戚に連絡したところ親戚にも借金をしていたことが判明!

当然あちらは、実の子供である当方に返済を迫ってきたわけですが、こちらもない袖は振れません。

丁重に断り続けつつ、粛々と相続放棄の手続きを取りました。

人生2度目の家庭裁判所。前回は両親の離婚手続きで来所したらしいのだが、自分の記憶に全くない。中学生のころの記憶がないなんて自分でも怖い。

いやな記憶を抹消するという己の自己防衛力を感じつつ、親戚からの借金問題も一応の幕切れとなったのでした。

借金の返済は計画的に行うのが一番!

ああ、もう少しお金があったら! これが変えるのに!

ということで、急ぎ現金が必要なことがあります。

そんなときにお金を借りるというのは有効な対処法だと思います。

お金を借りる、ということは、決してお金をもらうということではありませんね。

未来の自分が取得しているだろうお金を、前借して使うイメージです。

お金が未来から現在にやってくる、秘密のタイムマシン。

その仕組みに敬意を表してお金を支払うのが利息だと思っています。

ですからお金を借りる際に利息がつき、その分割り増しして支払っていくのは当たり前だと思っています。

しかし気をつけないといけないのは、その約束を破ってしまうこと。借金の返済のコツは把握しておかないとね。

そもそも信用第一のお金の貸し借りですから、約束を破り信用を失ってしまうと、次につながりません。

その為にもしっかりと計画的に返済していくことが大切です。

決して難しいことではありませんね。

ありませんが、問題があります。

一か所からお金を借りている時には特に問題はありません。

特にメモをしていなくても、しっかりお金を返していけると思います。

問題は複数個所から借り入れを行った時です。

借入先が多くなれば、その回数、場所、人などなど。

返済が煩雑になります。

そういう意味でもきっちりと管理を行い、計画的な返済をしていくことが大切ですね。

甘い考えだった自分を反省した瞬間

私は借金が払えなくなってしまって債務整理をしました。債務整理の種類は任意整理というもので減額をして少しずつ支払う形になりました。5社ほど契約をしており合計で約250万の借金だったのですが、最終的には25万円を支払ったのみになります。

任意整理をする際に最初は弁護士さんなどのプロに頼もうと思いましたが、費用がかかる為自分で裁判所に申し立てを行いに行きました。何一つ分からないのでかなり苦労はしましたが、色々と裁判所の方でも教えてくれたのでなんとか1人で手続きをすることが出来ました。

書類の準備や書類の記入全てにおいて、聞きながら調べて書くのはやはり大変な苦労でした。そして最終的には裁判所の判断で自己破産ではなくて、任意整理という形を取りなさいという趣旨の判決が下されました。裁判官より通帳に毎月2万円ずつ1年間お金を貯めるように言われました。今まで返済に宛てていたお金が2万円になるのなら、そのぐらいは出来るでしょうという言葉でした。

確かに自分でもそう感じたのでその指示通りに1年間貯めてました。1年経ったところで裁判所に行き、その趣旨を伝えるとそれを5社に均等に振り分けて返済するという形になりました。法的手続きの上行っているので消費者金融側はそれで納得するしかない様です。甘い考えで借りていた自分をすごく反省した瞬間でもありました。